dTVチャンネルとdTV

dTVチャンネルとdTV

更新日:

dTVチャンネルとdTV

dTVチャンネルというサービスがあります。

簡単に言えば、dTVチャンネルはスマホ回線を利用した定額制のテレビ放送です。

スマホやタブレット、パーソナルコンピュータがあれば、いつどこでもテレビを見ることが出来るのです。

番組チャンネルは31個があり、自分のお好みで自由に選ぶことが出来ます。

定額制ですので追加料金が発生することもありません。

ただ、動画配信と違う点はリアルタイムの放送を見ると言う点です。

番組表があり、その時間に見なければなりません。

地デジのテレビと違って録画することは出来ませんが、都合がつかずに見損なった人の為に見逃がし配信システムがあります。

dTVチャンネルはDoCoMoのサービスですのでDoCoMoの回線を利用している人には割引が適用されます。

又、動画配信サービスのdTVを同じ時に利用するケースも割引を受けることが出来ます。

色々な番組や映画を見たいと思っている人には大きなメリットでしょう。

利用者にとっては衛星放送のスカパー等と同じですが、チャンネル数を選別して利用料金を下げているところがポイントと言えるでしょう。

アニメや映画等多くの需要が見込める番組を放送しています。

放送は24時間行なわれていますから、夜中に見る人、昼間に見る人等自分の生活ケースに合わせるといいでしょう。

dTVチャンネルをすでに利用している人は沢山のですが、おおよそ満足しているようです。

低価格で楽しめるのですので、それで十分ですのでしょう。

チャンネル数がわずかと感じ取れる人はスカパーを利用することによっていいからです。

こんな風にテレビ番組配信サービスの選択肢が増加することによって、色々なな利用法が出てきます。

dTVチャンネルはネットに接続されたテレビだとしても見ることが出来ますから、新たな危機をオーダーすることなく利用出来る点が大きなメリットと言えるでしょう。

キャンペーンが行なわれており、初回登録の1か月間は0円で利用することが出来ます。

試用を利用してみてはいかがでしょうかですかか。

近頃はDoCoMoだけがdTVチャンネルを運営していますが、いずれは他社も同様のサービスを提供していることでしょう。

dTVチャンネルとdTVの違いは?

dTVチャンネルとdTVは名前が似ていますから、ややこしいですね。

dTVチャンネルを利用しようと考えているのであれば、まずはサービスの内容を正しく知っておくことが大切でしょう。

CS放送ではたくさんチャンネルがあり、多くのカテゴリーの番組を定額で視聴することが出来ます。

こんなサービスがすでに提供されているのに新たにテレビ放送が出てくる理由は何でしょうか。

それはサービスの違いにあります。

まず、dTVはサーバーに蓄えられた映画やアニメ等の動画をネットを通して提供しているサービスです。

いつだとしても自分が見たい時間に見ることが出来る点がdTV持つ利点です。

ただ、全部が定額料金内で観れるわけではなく、動画1本ごとに費用が生じることも少なくありません

又、提供されている動画は映画等ですので、レンタルDVDのオンライン版と言えばいいでしょう。

そして、dTVチャンネルですが、これはCS放送をネット経由で行なうようなサービスです。

ただ、dTVチャンネルは、DoCoMoが提供しているサービス名であって、チャンネルは31のみですので、スカパー等と比較検討したケースではわずかと感じ取れることでしょう。

しかしながら、どれだけ視聴しても定額ですので、気軽に利用することが出来ます。

電車通勤をしている学生や会社員等がよく利用していることでしょう。

又、条件がそろえばDoCoMoの割引を受けることが出来ますから、ドコモユーザーならより一層割安感が向上します。

こんなサービスは、今後、広がっていくと予想されています。

携帯回線が3Gから4G、5Gとハイスピードになっていきますから、ハイスピード性を活用したサービスを提供しやすくなるからです。

地デジを視聴すると比べると、最近のテレビ離れで、dTVチャンネルを視聴する時間の方が長い若者も少なくありません。

ただ、あくまでもリアルタイムの放送ですので、録画をして後から見ることことは、出来ませんし、番組表に沿って放送されていますから、自分が観たい番組が必ずあると言うわけではありません。

それがデメリットと考える人には、dTVチャンネルは不向きなのかも知れません。

いずれにしても自分がどんな番組や動画を観たいのかを意識することが大切であって、流れている番組を何となく視聴していると言う状況は避けなければなりません。

dTVチャンネルの利用方法・番組内容

dTVチャンネルは、どんなメリットがあるでしょうか。

本質的にdTVチャンネルは娯楽の為のサービスですので、利用することによってなにけのメリットが得られるわけではありません。

しかしながら、他のテレビの有料サービスを利用しているのであるのなら、dTVチャンネルへの変更を検討してもいいでしょう。

dTVチャンネルの特徴として低価格なサービスがあるからです。

又、DoCoMoのスマホを利用しているのであれば割引を受けることが出来ます。

dTVチャンネルではどんな放送が流れているのでしょうか。

アニメや映画は当然ありますが、それ以外にはアニメ、エンターテインメント、音楽、ドキュメンタリー、ニュース等が24時間流れています。

番組表を観なくても、その時に放送されている番組を楽しむことが出来ます。

見逃し配信で録画から解放される

当然、地デジみたいに録画すること言うのは出来ませんが、見逃し配信と呼ばれるサービスがあるでしょうから、2週間以内であるのなら視聴することが出来ます。

衛星放送を見る目的ではアンテナを取り付ける必要がありますが、dTVチャンネルでは新たなハードウェアは必要ありません。

スマホ、タブレット、パーソナルコンピュータ等ネットに接続できて画面がある装置なら何だとしても受信することが出来るのです。

こんなサービスは現在は、DoCoMoが提供していますが、他社へも広がることが予想されます。

それはスマホを取り巻く通信事情が、変化発展していくからです。

3Gから4G、5GへとスピードUPが図られています。

それを多くの人が利用出来る状況になれば、動画をダウンロードすると比べるとリアルタイムに視聴するほうが効率的になるからです。

dTVチャンネルをすでに楽しんでいる人も増加してきましたが、自宅で視聴すると比べると電車通勤途中やちょっとした空き時間等に楽しんでいるはずです。

日常的に娯楽を利用出来る環境要素となったのです。

当然、娯楽だけでなくニュース等から最新の情報を取り込んでいるビジネスマンもいるでしょう。

dTVチャンネルの随一の持つ利点は携帯出来る端末で視聴することが出来る点でしょう。

テレビを見る場所を選ばないのです。

これからの情報収集はスマホが中心となると予想されており、テレビ放送もみるみるチェンジしていくのでしょう。

dTVチャンネルの料金

dTVチャンネルに申し込むと31チャンネルの番組を視聴することが出来ます。

地デジよりも多いチャンネスを見ることができて、これがメリットですが、気になるのは料金です。

料金は案安めで、月額780円となっています。

dTVチャンネルはリアルタイムの放送ですので、自分が観たい番組をリアルタイムで観られるわけではありません。

dTV

そんな人にはdTVがおススメです。

これは多くの番組を自分が、都合の良い時間に見ることが出来るサービスです。

過去の映画等もたくさんあるでしょうから、その中から自由に選択することが出来ます。

dTVチャンネルとdTVのどちらも利用するケースなら、980円で単独と比べると300円の割引となってきます。

DoCoMoは携帯電話事業だけでなく、こんな情報配信サービスも拡充させており、おのおのをセットで利用することによって割引を受けられるようになっています。

いつもスマホを視聴している人の多くは、こんなサービスを活用しているのでしょう。

毎月の支払いが数千円くらいですので、携帯電話の料金に少しばっかり上乗せするだけです。

利用者にとっては割安感の方が強いのでしょう。

これからは、このようなサービスを利用する人は拡大していくはずです。

一定レベルのテレビ放送を観なくても、これらのネットサービスを活用出来ることなら、時事問題に疎くなること言うのはありません。

現代は紙ベースで配達されている新聞も電子化の波が押し寄せてきています。

電子化することによって、容易に情報を取り出すことが出来るのはたいへん楽ですので、少しばっかりお金を払ってもいいとおもうのでしょう。

dTVチャンネルそのもののサービスを単独で考えるのではなく、それを取り巻く環境要素やこれからのサービス拡充を考えながら、自分が会員登録をおこなうかどうかを決めることをおススメします。

当然、DoCoMo以外の会社も同様のサービスを提供しているので、業者間の競争も低価格化に拍車をかけます。

又、安い料金だけがメリットではいずれ行き詰まってしまいますから、内容の充実は重大な課題です。

たくさんのチャンネルがあっても、メリットを感じられない番組ばっかりであるのなら、利用者は減っていきます。

毎日、映画やバラエティばっかりを見ている人はいないでしょう。

時間を有効に使用する為に、何をすべきかを考えてみてはいかがでしょうかですか。

  • この記事を書いた人
VODさん

VODさん

VOD系の情報をまとめています。エンタメ好きな方は要チェック!

-dTVチャンネルとdTV
-, , , , ,

Copyright© 動画配信サービスでインターネット映画を楽しもう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.