dTVチャンネルとdTV

dTVチャンネルとスマホ・動画配信サービスと比較

更新日:

dTVチャンネルとスマホ・動画配信サービスと比較

dTVチャンネルはネット回線を使ったテレビ番組放送サービスです。

これは携帯電話の普及が大きなカギとなっています。

現代ではスマホが本流となっていますが、そのスピードはみるみる速くなっており、大量のデータを贈ることが出来る時代となったのです。

今までは衛星放送による有料放送が本流でしたが、これからは携帯電話サービスの一部として普及していくことでしょう。

携帯電話サービスですのでスマホを持っていて、電波が届くところであるのなら、いつでも場所を選ばず何処でも視聴することが出来ます

これがdTVチャンネルの持つ利点と言えるでしょう。

テレビの前に座らなければ見られないと、その放送を見る人は限られてくるでしょう。

しかしながら、スマホを持っている個人単位で番組を見るので、利用者は別格に増加することになります。

DoCoMoは携帯電話を通じた色々ななサービスを広く展開しており、これからも拡充していく計画でしょう。

その一つとしてdTVチャンネルを位置付けています。

携帯電話網は3Gから4G、そして5Gへと移行しています。

この流れは加速することはあっても停滞するということはないでしょう。

dTVチャンネルにはたくさんの番組チャンネルが手配されていますが、その数はもっと増加していきます。

いずれは地上波デジタル放送と比べても充実したものになることでしょう。

大きな画面ではなく小さなスマホで視聴するのはちょっと大変だとおもう人もいるでしょうが、それは目的がちがいます。

大画面で迫力のある映画を見るニーズがなくなるわけではありません。

おのおのの目的に合わせて、見るハードウェアを変えればいいだけです。

放送のシステムは全部同じです。

現代だとしてもdTVチャンネルはスマホだけでなく、パーソナルコンピュータやネットに接続された液晶テレビだとしても視聴することが出来ます。

自分の生活の一部としてdTVチャンネルがあると考えればいいでしょう。

日々の新聞を読み込むようにdTVチャンネルのニュースを見るのです。

活字と映像のちがいはありますが、目的意識を持って視聴するならば、媒体のちがいを心配する必要はないでしょう。

長年テレビ放送に慣れてきた世代にとってはスマホでテレビを視聴することには抵抗があるのかも知れませんが時代はチェンジしているのです。

dTVチャンネルと動画配信サービス

dTVチャンネルを視聴している人は、動画配信サービスのdTVも利用することによって合わせて割引を受けることが出来ます

当然、どちらも同じ時間に利用する人はいませんが、身内で楽しむことを考えるなら動画配信も利用した方がいいでしょう。

dTVチャンネルはリアルタイムで24時間流れてくるテレビ放送ですが、ネットを利用しているので動画配信サービスと相性がいいはずです。

今までdTVのみを利用していた人がdTVチャンネルを利用するようになるケースも少なくありません。

ただ、動画配信サービスはレンタルDVDをオンラインでやっているサービスと同じですので、お好みな映画なら何度も見ることが出来ます。

しかしながら、dTVチャンネルは一度しか見ることが出来ないテレビ放送です。

見逃した時の為に見逃がし配信と言うサービスが提供されていますが、基本は視聴している時間に放送されている番組を視聴することになります。

つまりは、自分の生活ケースに合わせてどんな番組が放送されているかを確かめておくことが必要となってきます。

利用料金は安いのですが、関心のない番組ばっかりであるのなら会員になる必要はありません。

又、地上波テレビを見ながらdTVチャンネルも利用したケースでは、テレビを見ている時間が長くなりすぎてしまいます。

自分自身で視聴する時間を決めておくことをおススメします。

dTVチャンネルはテレビやパーソナルコンピュータだとしても視聴することが出来ますが、それと比べるとスマホを利用する人が圧倒的に多いはずです。

つまりは、若者がdTVチャンネルを利用していると考えていいでしょう。

高齢者はスマホの画面が小さすぎるため、テレビ放送を見るだけだとしても大変です。

それが関心のある番組であっても見たいと言うのはおもわないはずです。

ネットを活用したサービスはたくさん提供されていますが、それはどんな消費者層をターゲットにしているのかを考えてみることが大切です。

たくさんのチャンネルがあっても、それは絞り込んだターゲットをポイントにしています。

dTVチャンネルを利用しても、まったくおもしろくないと感じ取れる人がいますが、それは自分がDoCoMoのターゲットに入っていないのであって、利用者のことを考えていないわけではありません。

dTVチャンネルの注意点・dアカウントと支払い方法

dTVチャンネルは2018年から始まったサービスですが、これは携帯電話網がハイスピード化されるのに合わせて提供されています。

携帯電話網の拡充はこれからも続きますから、dTVチャンネルサービスも広がっていくと考えていいでしょう。

ただ、いくつか注意しておかなければならないことがあります。

まずは、DoCoMoが提供しているサービスですので、DoCoMoの携帯契約をしている人とそうではない人では登録手法や支払い手法が違うことです。

dアカウントと呼ばれる利用者コードがありますが、これはDoCoMo利用者でなくても取得することが出来ます。

ただ、DoCoMo利用者のケースは携帯の契約をした時点ですでにアカウントを持っていますから、あらためて登録をおこなう必要がありません。

それ以外の人はdアカウントの取得から始めなければならないことです。

ただ、これはお手続だけの問題ですので、手順を確かめておけばいいだけです。

問題と言えるほどのことではありません。

それから支払方法です。

DoCoMoの携帯料金と合わせて支払う手法クレジットカード払いがあります。

DoCoMo利用者のケースは携帯料金と合わせて払う手法だけですし、それ以外の人はクレジットカード払いです。

当然、クレジットカード払いの為には番号の登録等が必須です。

初めてdTVチャンネルを利用するケースでは、1か月目での無料の期間があります。

  • この記事を書いた人
VODさん

VODさん

VOD系の情報をまとめています。エンタメ好きな方は要チェック!

-dTVチャンネルとdTV
-, , , ,

Copyright© 動画配信サービスでインターネット映画を楽しもう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.