グラフィックデザイン

グラフィックデザインは理解力も必要です

投稿日:

お勤めには色んな知識や手法が必要になります

グラフィックデザインのお勤めに対しても同じ事が言えるでしょう。

グラフィックデザインのお勤めはセンスが一番大切なのじゃないかと言う想像が有りますよね。

当然センスはたいへん大切です。

でもそれ以上に大切な事が有ります。

それはお勤めに対する了解力です。

お勤め1つ1つにはそのデザインのコンセプトと言う物が有ります

クライアントが依頼してきたお勤めにはどんなコンセプトが有るのか、何を伝えたいのかと言う事をきちんと把握する了解力です。

それを了解してどういう様にグラフィックデザインに表現して行けば、その物に対しての消費力が上がるのかをきちんと了解して構築してデザインして行く事がプロのグラフィックデザイナーとしての大切なお勤めになります。

その了解力が有るからこそのセンスや手法が活かされる様なってす

初めの内はどういう様な了解力なのかよく分からないとおもいますが、実践を積んで行く内にお勤めの企画や提案からも関わる様になってくるでしょう。

そうした経験が積み重なっていく事で了解力が深まってくるとおもいます。

常々でも人が何を話しているのか、何を話そうとしているのかよく考えながらきくと言う癖付けをしていると将来的に役に立つとおもいますよ。

当然、グラフィックデザインの基礎知識や手法等もきちんと学ぶ様にしてくださいね。

この両方が上手く組み合わされた時に本当のプロのグラフィックデザイナーとして大大活躍する事が出来るとおもいますよ。

グラフィックデザインのプロになる為に

何のプロになるにも多様なな心構えが必要だとおもいます。

ここではグラフィックデザインを手がける為の、プロになる要素をご案内してみたいとおもいます

【センス】センスと聴くと、私はセンスが無いから駄目だわなんておもいがちですが、センスは生まれつき有る物では有りません。

感覚を磨いて行く事でセンスが養われていくのです。

グラフィックデザインのプロになるお目当てでは、その感覚を磨く努力を常に惜しまず続ける事が非常にたいせつになります

【技】グラフィックデザインのお勤めをおこなうお目当てでは、マッキントッシュでデザインワークが出来る技を最低でも持っていなければいけません。

当然これが出来るだけでは駄目で、デジタルでもアナログでもデザインが出来る様な技を常に持ち合わせ、さらに技を磨く為の努力も惜しまない事がたいせつになります。

【意力】プロになると言う事は、その物に対する意力を出すと言う事です。

グラフィックデザインのお勤めは1つの作品と言う形で表現される物です。

その作品の質に妥協なんか許されませんよね。

意力を出してより多くの良い作品を手掛けようとする事こそ非常にたいせつな事だとおもいます

自分の作品を他の人に伝える意力、他の人の意見を作品に表現する意力、それが必要だとおもいます。

グラフィックデザインのプロになるお目当てでは、これ程では足りませんが、最低でもこれ程の要素が分かっていれば、プロになっても十分にやっていけるとおもいます。

願わくは頑張ってみてください。

グラフィックデザインのプロになる為に2

プロ、それもグラフィックデザインのプロになるお目当てでは、少なくてもこれ程は必要とおもわれる要素が有ります

その要素を持っていないより、持っていた方が、お勤めもやり易いし、プロと呼ばれる内容でお勤めがやり易いとおもいます

初めにおもう事は、センスや手法、お勤めをおこなう上での手法面と言った事がおもい浮かべるかとおもいますが、ここではそれ以外の事に対してあげてみたいとおもいますので願わくは参照にしてみてください。

【プレゼンテーション】自分の創りだした作品をクライアントに売り込む為には、作品をアピールする為のプレゼンテーションのキャパシティーが必要不可欠だとおもいます。

手法力ばっかり達者でも、アピールするキャパシティーが無いと、何を表現しているのか何を表現したいのか分からなくなるとおもいます。

こうした手法力もグラフィックデザインのプロになるお目当てでは欠かせない要素だとおもうのです。

【コミュニケーション】グラフィックデザインを創り出すのはコンピューターを利用しての作業が主になりますので、作品を作っている最中は1人での作業になり、あまり人との関わりが無いかみたいにおもえますが、クライアントが意図している事を引き出して自分の作品に活かすには、どうしてもクライアントとのコミュニケーションキャパシティーが必要になってくるとおもいます。

人の思いを把握し、自分の考えを打ち出してこそよりよろしいグラフィックデザインが出来あがるとおもうのです。

以上の様な要素を踏まえて願わくはグラフィックデザインのお勤めをしてみる様にしましょう。

  • この記事を書いた人
VODさん

VODさん

VOD系の情報をまとめています。エンタメ好きな方は要チェック!

-グラフィックデザイン
-, , , ,

Copyright© 動画配信サービスでインターネット映画を楽しもう! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.