このページには広告がふくまれます。

ジェームズ・ボンド映画の変遷

映画こぼれ話

ジェームズ・ボンド映画の誕生は、1960年代初頭にまで遡ることができます。

この時、作家のイアン・フレミングの小説がスパイ映画シリーズのインスピレーションになりました。

ジェームズ・ボンド映画の変遷

最初の映画『ドクター・ノオ』は、1962年にリリースされ、ショーン・コネリーが象徴的なイギリスのスパイ役を演じました。

この映画は現象を巻き起こし、魅力的なプロットラインとスパイゲームのスタイリッシュな描写で世界的な称賛を集めました。

それ以来、ジェームズ・ボンド映画の進化が続き、年を追うごとにますます人気を集めています。

新しい時代が訪れるたびに、ショーン・コネリーやロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナン、そして最後にダニエル・クレイグなどの俳優が颯爽とした優雅さの具現化を見せました。

これらの時代それぞれが、シリーズに新しい視点をもたらし、ジェームズ・ボンドの魅力が決して失われないようにしました。

ジェームズ・ボンドシリーズは、ジャンル自体になり、リリースごとに広大なグローバルな観客を引き付け続けてきました。

スパイスリラーの基準になるだけでなく、ファッション、サウンドトラック、そして装置にもトレンドを打ち立てました。

ボンドがすることはすべてスタイルの表現になるというのはよく知られています。

結論として、ジェームズ・ボンド映画は世界を楽しませただけでなく、人気文化にも大きな影響を与えました。

各時代がシリーズをグローバルな現象に成長させたことから、このスパイスリラージャンルは1960年代以来長い道のりを歩んできたことは間違いありません。

ショーン・コネリーの時代(1962年~1971年)

ジェームズ・ボンド映画の誕生は、フランチャイズの最初の映画である「ドクター・ノオ」(1962年)のリリースに遡ることができます。

created by Rinker
¥1,364 (2024/06/18 00:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

主演はセアン・コネリーが務めた、イギリスのスパイ。

この映画は大ヒットし、ボンド映画のシリーズを生み出し、最も成功したフランチャイズの一つとして確立しました。

「007 ロシアより愛をこめて」(1963年)は最初の映画の成功を継続し、ジェームズ・ボンドを主要な文化的アイコンとして確立しました。

「007 ゴールドフィンガー」(1964年)は、オーリック・ゴールドフィンガーの象徴的なキャラクターを紹介した最高のボンド映画の一つと考えられています。

created by Rinker
¥1,364 (2024/06/18 00:50:34時点 Amazon調べ-詳細)

そして「007 サンダーボール作戦」(1965年)は、世界で初めて1億ドル以上の興行収入を記録したボンド映画となりました。

created by Rinker
¥2,037 (2024/06/18 00:50:35時点 Amazon調べ-詳細)

「007は二度死ぬ」(1967年)は日本にフランチャイズをもたらし、ボンドがハイテクガジェットを使う様子を披露し、非白人キャラクターの描写が問題となる議論を引き起こしました。

created by Rinker
¥2,037 (2024/06/18 00:50:36時点 Amazon調べ-詳細)

「女王陛下の007」(1969年)は、ジョージ・レイゼンビーが主演を務め、ショーン・コネリーのボンドから離れました。

created by Rinker
¥2,037 (2024/06/18 07:08:04時点 Amazon調べ-詳細)

興行的成功を収めたものの、レイゼンビーによるボンドの描写はあまり好評ではなく、彼は次の映画でコネリーに取って代わられました。

「007 ダイヤモンドは永遠に」(1971年)は、コネリーの復帰と、当時のボンド・フランチャイズにおける彼の最後の出演を記録しました。

この映画はまた、フランチャイズに長い影響を残しました。

セアン・コネリー時代の成功により、アクション、ガジェット、美しい女性のミックスというボンド映画の公式が確立され、今日もその要素が見られます。

また、ジェームズ・ボンドはポップカルチャーのアイコンであり、クールな体現者であることが確立されました。

次のロジャー・ムーアがアイコニックな役割を引き継ぐボンド映画の新たな時代に期待してください。

ロジャー・ムーアの時代(1973年-1985年)

ロジャー・ムーアの時代(1973年~1985年)

ショーン・コネリーがジェームズ・ボンドの役を降りた後、フランチャイズは新しい俳優を求め、ロジャー・ムーアはぴったりの人物でした。

彼は以前に『セインツ』や『ザ・パーソネーズ』などのテレビ番組に出演し、洗練された態度と完璧なコミックタイミングで、コネリーの後継者にふさわしい存在でした。

ムーアの時代は多くの実験といくつかの大ヒットと失敗によって特徴付けられています。

彼の最も象徴的なボンドとしての出演の1つは『007 死ぬのは奴らだ』(1973)で、ボンドが麻薬王と戦い、ハーレムからニューオーリンズそしてカリブ海のジャングルに至るまでを描いています。

映画は魂のこもった音楽と多くのファンキーなアクションシーンで、ブラックスプロイテーション映画の雰囲気が特徴的でした。

また、最初のアフリカ系アメリカ人のボンドガールも登場し、ムーアとの化学反応は熱かったです。

シリーズの次の映画は『007 黄金銃を持つ男』(1974)で、1人の殺し屋に100万ドルの報酬を要求されたボンドが立ち向かうストーリーです。

映画は極東で設定され、多くのエキゾチックな場所やセットが登場します。

しかし、車のジャンプスタント中のスライド・ホイッスル効果のように、時には不快な瞬間もありました。

『007 私を愛したスパイ』(1977)では、ボンドがソ連のエージェントと協力して、恐ろしい悪党が主要都市に核弾頭を発射する陰謀を阻止するために奮闘します。

映画はシリーズで最も壮大で印象的なアクションシーンを含んでおり、スキーチェイスが崖からのパラシュートジャンプで終わるなど、見応えがあります。

ムーアはついに自分自身のボンドになり、女優と観客の両方を魅了するだけの魅力を持っていました。

『007 ムーンレイカー』(1979)では、ボンドが宇宙に行き、宇宙ステーションから神経ガスを発射しようとする悪の実業家を阻止しなければなりません。

映画は『スター・ウォーズ』などのSF映画の人気に乗った明らかなキャッシュグラブでした。

しかし、ヴェネツィアを駆け抜ける中で浮舟に変身する歌舞伎や劇場版のような瞬間もあり、楽しめるところがありました。

『007 ユア・アイズ・オンリー』(1981)は、超常的なSF要素を取り除き、より現実的なスパイ話に焦点を当てたことで、シリーズにとっての再起を果たしました。

ボンドは沈んだ英国スパイ船から盗まれた通信装置を回収するよう決定されます。

映画には、ボンドガールとしてのカロル・ブーケや、役に立つギリシャの密輸業者としてのトポルなど、素晴らしいサポートキャストが出演しています。

『007 オクトパシー』(1983)では、ボンドが、西ドイツのアメリカ空軍基地で核爆弾を爆発させようとする反逆的なソ連将軍と対決します。

映画には、サーカスからの脱出や車の追跡、悪党との緊張したバックギャモンのゲームなど、素晴らしいアクションシーンが多数登場します。

また、ボンドガールの中でも最も奇妙な存在の1人、年をとったサーカスパフォーマーも登場しました。

『007 消されたライセンス』(1985)は、ムーアの最後のボンド作品で、賛否両論でした。

映画では、カリフォルニアで大地震を引き起こすことを計画する実業家を止めるためにボンドが奮闘します。

悪役はクリストファー・ウォーケンが演じており、狂気的なエネルギーを持ち込んでいます。

しかし、ムーアは clearly の年齢が上がっているため、スタイルでのアクションシーンやボンドガールとの化学反応が欠けているように見えました。

全体的に、ムーアの時代には忘れられない瞬間が多数ありましたが、失敗もありました。

ムーアは素晴らしいボンドでしたが、いくつかの映画のキャンプなトーンによって制限されていました。

しかし、彼はフランチャイズに長続きする影響を与え、彼のボンドは愛される古典的な存在として残っています。

ティモシー・ダルトンの時代(1987年-1989年)

「スムーズでウィットに富んだジェームズ・ボンドの人物像から離れ、ティモシー・ダルトン時代に焦点を当てましょう。

この時代は1987年から1989年にかけてで、2つのボンド映画、すなわち『リビング・デイライツ』(1987年)と『権利を奪還せよ』(1989年)が生まれました。

ダルトンのボンドは真面目で無駄のないタイプで、ロジャー・ムーアが演じたよりも軽いノリやユーモアに溢れる人物像から一転しました。

ダルトンのボンドは任務に焦点を当て、冗談や駄洒落に時間を割く余裕はありませんでした。

『リビング・デイライツ』は批評家から賛否両論の評価を受けましたが、多くのファンがダルトンの真面目な人物像を楽しんでくれました。

一方『権利を奪還せよ』は、従来のボンド映画よりも遥かに過激で暴力的でした。

この映画では、ボンドが友人で同僚のエージェント、フェリックス・ライターの殺害に対する復讐を求めて暴走します。

この映画は、その暗いトーンや暴力性から当時物議を醸しましたが、後にボンドのファンの間でカルト的な支持を得ることになりました。

ダルトンのボンドとしての期間は短命で、2本の映画しか撮影されませんでしたが、彼のフランチャイズへの貢献は否定できません。

彼の真面目な人物像は、将来のボンド俳優がキャラクターの異なる側面を探求する道を開いたのです。

ダルトンの時代が他のボンドの時代ほど偉大ではないかもしれませんが、それでも独自の魅力を持ち、私たちにジェームズ・ボンドの異なる側面を見せてくれたのです。

ピアース・ブロスナンの時代(1995-2002)

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,719 (2024/06/18 07:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

ピアース・ブロスナンの時代(1995~2002)

このフランチャイズは、80年代後半に一時的に低迷し、ティモシー・ダルトンの在任中も同様でした。

ブランドを再び活性化するために新しいものが必要でした。

そこで登場したのが、ロジャー・ムーアの後任として最初に予定されていた男、ピアース・ブロスナンです。

しかし、彼はテレビ番組『レミントン・スティール』の契約のために役を逃しました。

『007 ゴールデンアイ』(1995)はフランチャイズの新しい時代を迎え、それは前作とはかなり異なるものでした。

ロジャー・ムーアの在任中を定義した一言ものとギズモは消え、ブロスナンはより深刻で陰鬱で強烈なボンド像を披露しました。

しかし、それはシリーズのトレードマークであるキャンプさを完全に捨てたわけではありません。

それは観客に明らかなものであり、『007 ゴールデンアイ』のオープニングシーンでボンドが崩壊するダムの波をサーフィンする場面で明らかです。

この映画は批評家と観客の両方から高い評価を得て、再び大画面でボンドを見ることに興奮したシリーズのファンの承認を得ました。

『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)は『007 ゴールデンアイ』ほど評価されませんでしたが、まあまあの興行収入を上げました。

ブロスナンは今では役に慣れており、自信を持ってボンドを演じています。

『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999)は、前作よりも格段に改善され、ブロスナンの時代の中で最高の映画の1つと考えられています。

この映画は、遅れたロバート・カーライルが演じる悪役レナードとの対決を描きました。

この映画はまた、ボンドガールのエレクトラ・キングが悪役として重要な役割を果たした最初の映画でもありました。

『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』が『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』に比べて格段に改良されていた場合、『007 ダイ・アナザー・デイ』(2002)はフランチャイズの不器用な日々に戻っていました。

映画は批評家と観客から広く酷評され、過剰なアクション、信憑性の欠如、そして印象に残らない悪役を理由に、失敗の原因とされました。

『007 ダイ・アナザー・デイ』はブロスナンがボンドとして出演した4回目であり、彼の在任中には波風が立ちましたが、フランチャイズを復活させ、21世紀における大衆の想像力を捉える多才な存在としてのボンド像を確立するのに役立ちました。

ブロスナンの期間中のボンドは完璧ではありませんでしたが、このフランチャイズに新しい息吹を吹き込みました。

加えて、彼が演じたボンドは、21世紀の大衆の想像力を捉える能力を持つ多才な存在としてのキャラクターを確立するのに役立ちました。

ダニエル・クレイグの時代(2006-2020)

「007 カジノ・ロワイヤル」(2006年)は、ダニエル・クレイグが新たなジェームズ・ボンド役に就任したことを示す作品であり、華々しいスタートを切った。

この映画は、キャラクターにグリットやリアリズムを見せた評価を受け、批評家や観客から賞賛された。

クレイグが演じたボンドは従来のスムーズで洗練された007とは一線を画し、フランチャイズのファンにとって新鮮な変化であった。

「007 慰めの報酬」(2008年)では、ボンドがベスパー・リンドに対する裏切りの後始末に携わる一方、彼の物語は続いている。

この映画は、クレイグの演技やアクションシークエンスを称賛する批評家もいた一方で、ストーリーが複雑で深みに欠けると感じる人もいたため、評価は分かれた。

「007 スカイフォール」(2012年)は、最高のジェームズ・ボンド映画の1つとして広く評価されている。

監督サム・メンデスはフランチャイズに自身のスタイルをもたらし、クレイグはボンドとしてのキャリアを定義する演技を見せた。

この映画では、キャラクターの過去や上司のM(ジュディ・デンチ)との関係を掘り下げ、見応えある感動的なストーリーが描かれた。

「007 スペクター」(2015年)は、クレイグがボンド役として4作目に出演した作品であり、ファンや批評家からあまり良い評価を得られなかった。

この映画は前の3作品をつなぎ合わせる試みがあったが、時に無理やり感があると感じる人が多かった。

クレイグの演技は相変わらず素晴らしかったが、この映画は前作の情感的な深みと繊細さを欠いていた。

「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」(2020年)は、クレイグがジェームズ・ボンドとして最後に出演する作品であり、彼にふさわしい送別会になることが期待されている。

COVID-19パンデミックの影響で何度か公開が延期されたが、期待は高まるばかりである。

ファンたちは、クレイグの物語がどのように終わるか、そして次に誰が007の役を引き継ぐのかを見届けることを熱望している。

全体として、ダニエル・クレイグが演じたジェームズ・ボンドは評価が分かれるものであった。

一部の映画は他よりも受け入れられたが、彼はフランチャイズに自分自身の独特な趣をもたらしたことは否定できない。

クレイグが演じたボンドは欠点がある複雑なキャラクターであり、彼の演技は役に新しい深みやリアリズムをもたらした。

クレイグ版007に別れを告げるにあたり、この愛されるフランチャイズの未来を思うとわくわくする。

まとめ

ジェームズ・ボンド映画は、ポップカルチャーを形作り影響を与える上で重要な役割を果たしてきました。

ガジェットや車、象徴的なテーマやボンド・ガールたちから、私たちの日常生活の一部になっています。

映画はまた、多くの他のスパイやアクション映画に影響を与え、映画産業にも大きな影響を与えてきました。

最初の映画「ドクター・ノオ」が1962年に公開されて以来、シリーズは長い道のりを歩んできました。

しかし、ボンド・フィーバーは今でも根強く残っています。

COVID-19パンデミックによる損失がありましたが、すでに次のボンド映画の製作が進んでいます。

シリーズが進化するにつれ、ファンたちは今後の展開に期待しています。

ボンドは男性のままなのか、女性が象徴的な役割を引き継ぐのか。

キャスティングに多様性が加わるのか、伝統的な手法が続くのか。

答えは時間が解決してくれるでしょう。

結論として、ジェームズ・ボンドシリーズは、ポップカルチャーと映画産業に重要な影響を与えました。

ジェームズ・ボンド映画の進化を振り返ってみると、どれだけ私たちの生活に影響を与えてきたかがわかります。

シリーズの未来は不確実ですが、ボンド・フィーバーが消えることはまずありません。

created by Rinker
20th Century Fox Jp
¥15,798 (2024/06/18 07:38:32時点 Amazon調べ-詳細)
007 ボンドカー ミニカー 1/43 シボレー ベル エアー BEL AIR CABRIOLET 1955 ジェームズボンド 映画007 消されたライセンス [並行輸入品]
ノーブランド品
タイトルとURLをコピーしました